ホットヨガは妊活に効果あるの?良い点、悪い点を暴露しちゃいます!

 

このサイトは、妊活中におすすめのホットヨガスタジオを紹介しています。

 

妊活の方法はたくさんありますが、その中でもホットヨガをはじめる女性が増えています。

 

果たしてホットヨガは妊活に効果があるのか?

 

ホットヨガが妊活に与える良い点や悪い点なども包み隠さず紹介しますね。

 

 

自己紹介

はじめまして、ヨウコと申します。結婚3年目、ことしで31歳になる主婦です('ω')ノ

 

ヨウコ

 

 

結婚したばかりのときは新婚生活を満喫したいのと、私も働いていたので子供って感じではなかったんです。

 

でも、まわりはどんどん子供が生まれていくし、わたしもそろそろ子供が欲しいなって思い、30歳になってから妊活を始めたんです。

 

避妊しなければすぐに子供はできるだろうって思い、排卵日に合わせたタイミング法をやったり、葉酸サプリ飲んだりしたのですが半年たっても妊娠せず。

 

それからさらに半年、計一年間も妊活をしたのですが、一向に妊娠する気配がなかったんです。

 

基礎体温もちゃんとつけてるし、なかなか妊娠しない焦りでストレスを感じる毎日。

 

夫と一緒に産婦人科にも行ってみたんですが、とくにこれといった原因がわからなかったんですよね。

 

そんなまいにち妊活のことばかり考えて悩んでいた時に、友達から紹介されたのが「ホットヨガ」だったんです。

 

ホットヨガといえばダイエットや美肌効果などの美容目的で始める女性が多いみたいですが、じつは妊活にも効果があるみたいですよ。

 

ホットヨガで妊活!

ホットヨガは温度が35℃〜38℃で、湿度が55%〜65%くらいに保たれた、通常よりも高温で湿度の高いスタジオでヨガをおこないます。

 

ホットヨガのイラスト

 

 

身体の芯からポカポカにあたたまり、血液の流れが良くなるので冷え性の改善になります。

 

体が冷えていたり低体温だとホルモンバランスが乱れてしまうのですが、ホットヨガを続けると基礎体温が上がって、妊娠しやすい身体づくりができます。

 

また、ヨガのポーズは骨盤のゆがみを直すので、子宮や卵巣のはたらきを良くするといわれていますよ。

 

リラックスできてストレス解消できるし、代謝もアップするので肥満防止にもなります。

 

いろいろと妊活には良いことありそうなので、わたしはホットヨガに挑戦してみようと思ったんです。

 

いきなり通い始めるのは勇気が必要だけど、体験レッスンならお試しで参加できるので、わたしは友達から紹介された「ホットヨガスタジオLAVA」の体験に行ってみました♪

 

身体が硬くて運動はニガテなので不安だったんですが、やってみたら楽しかった〜^^ 全身汗びっしょりで気持ちよかったですよ。

 

レッスンに通った日はずっと身体が暖かくて、夜はぐっすり眠れました。ホットヨガは妊活に良いかもって、思っちゃいましたよ(^^)/

妊活におすすめのホットヨガスタジオ3選

ホットヨガスタジオLAVAラバ

LAVAの公式サイトキャプチャ画像

 

妊活でホットヨガに通うならLAVA(ラバ)がおすすめですよ。LAVAは全国に410店舗以上ある国内最大手のホットヨガスタジオです。

 

インストラクターの質が高く、初心者にも優しくていねいに指導してもらえます。

 

プログラムは冷え性の改善や骨盤調整、リラックスできるものまで、妊活に効果のあるレッスンがたくさんそろっています。

 

LAVA会員の8割がヨガ未経験から始めているので、初心者でもぜんぜんOK。ほとんどの店舗が駅チカなので、通うのにも便利ですよ^^

 

体験レッスンはウェアやタオル、ヨガマットなどの必要なアイテムはすべて無料レンタル付きで1,000円です。

 

断りにくいような勧誘はされないので、お試しで体験してみてくださいね♪

 

 

 

ホットヨガスタジオ ロイブ

ロイブの公式サイトキャプチャ画像

 

ロイブは全ての店舗が女性専用スタジオで、女性の悩みを解決するプログラムが豊富です

 

ロイブの基本プログラムの「ビギナー60」は、季節によって変化する女性の身体に合わせて、プログラム内容も変更しているそうですよ。

 

身体のゆがみを改善する「整えてゆがみとりヨガ」や、日頃のストレスや疲れを癒す「アロマリラックスヨガ」などは妊活に良さそうです♪

 

明るい店内はどこもピカピカで清潔!衛生面はとくに徹底しているので、安心して利用できますよ。

 

体験レッスンは500円で手ぶらOKです^^

 

 

 

 

ホットヨガスタジオ カルド

カルドの公式サイトのキャプチャ画像

 

カルドは全国に新店舗を次々にオープンしている、いま勢いのあるホットヨガスタジオです。

 

大手の中でも料金は格安ですが、最新の設備と満足度の高いレッスンで人気があります。

 

カルドのホットスタジオは遠赤外線床暖房を採用していて、身体の芯からポカポカにあたたまります。

 

また、加湿器には銀イオンを含めているので、スタジオ内は抗菌されて清潔だし、肌にプルンと潤いを与えてくれますよ。

 

ほとんどの店舗でフィットネスジムが併設されているので、ホットヨガと合わせてエクササイズすれば、基礎代謝がアップして肥満防止にもなりますね。

 

体験レッスンはウェアとタオルセット付きで980円です。

 

ホットヨガが妊活に効果のある理由

ホットヨガは妊活に良いといわれていますが、実際にどのような効果があるのか紹介しますね。

 

冷えの改善

ヨガをして冷えの改善

 

妊娠しやすい身体づくりに冷えは禁物です。

 

とくに低体温症といわれる、平熱が36℃を下回る方は要注意です。

 

体が冷えるとホルモンバランスが乱れてしまい、子宮など生殖器の活動が低下してしまいます。

 

そこで、高温で多湿のスタジオでおこなうホットヨガは、インナーマッスルをきたえ少し動くだけで身体の芯から温まります。

 

ヨガのポーズによって血液の流れが良くなり、基礎体温が上がり冷えの改善に効果的です。

 

ホットヨガによって冷えにくい体質に改善することが、妊活への第一歩ですね。

 

ホルモンバランスを整える

ホルモンバランス

 

疲労やストレスが溜まった状態だと、自律神経が乱れて交感神経が優位になります。

 

そこで、ホットヨガのゆったりとしたポーズと呼吸で副交感神経を優位にして、自律神経を整えていきます。

 

自律神経が整えばホルモンの分泌が良くなり、ホルモンバランスも整います。

 

その結果、排卵後に分泌される黄体ホルモン(プロゲステロン)が子宮内膜を厚くして、受精卵が子宮に着床しやすくなります。

 

ストレス解消

ストレス解消

 

家庭内や仕事でのストレス、それに「妊娠したい!」という精神的なプレッシャーがストレスとなりますよね。

 

ストレスが溜まってくると女性ホルモンのバランスが悪くなって、妊娠しづらい身体になることも。

 

ホットヨガではたっぷり汗をかくことができるので、気分スッキリしてストレスの解消に効果的です。

 

また、頭の中をカラッポにして呼吸に集中することで、リラックスできます。

 

ストレス解消とリラックスが、妊娠の可能性を高めるかもしれませんね。

 

肥満防止

肥満防止

 

肥満になると妊娠しにくくなり、また出産のときも大変になります。なので妊娠前から太らないように気をつけましょう。

 

ホットヨガでは、大量の汗が出るので水太りの解消になり、基礎代謝がアップして脂肪がもえやすい体質になります。

 

ホットヨガのエクササイズは肥満防止に効果的ですよ。

 

骨盤のゆがみを直す

骨盤のゆがみ

 

骨盤は日常生活において知らないうちにゆがみ、骨盤まわりの血行が悪くなっています。

 

ホットヨガで骨盤を正しい位置に戻すことで、子宮や卵巣などの妊娠に欠かせない臓器に血液を送り、はたらきを活性化させます。

妊活でホットヨガするとき気を付けること

 

妊活に良いといわれているホットヨガですが、正しいやり方でおこなわないと身体に悪影響を及ぼすことがあります。

 

ここでは妊活でホットヨガをするときの気を付けて欲しい点を紹介しますね。

 

高温期はホットヨガのレッスンを控える

高温期

 

排卵日の後から生理までの高温期には、ホットヨガのレッスンは控えたほうが良さそうです。

 

高温期は妊娠に向けての活動が活発になる時期ですが、精子や卵子は熱に弱いため、ホットヨガで身体を必要以上にあたためてしまうと着床を妨げてしまう恐れがあります。

 

せっかく受精卵になれたとしても、着床しないと妊娠できませんので、基礎体温を測ってレッスンを受ける期間を気を付けるようにしてくださいね。

 

排卵前後に無理なポーズはしない

排卵のイメージ写真

 

ホットヨガはあたたかいスタジオでおこなうので、通常よりも身体が柔軟になり、常温ではできないポーズもできてしまいます。

 

続けていると、「もっと上手くなりたい」、「もっとキレイなポーズをとりたい」という気持ちになり、ちょっと無理してポーズをとってしまうことがあります。

 

でも、ホットヨガのポーズは、自分が気持ち良いと思う範囲でも十分効果があります。それに、無理すると筋肉や関節を痛めてしまう可能性がありますね。

 

とくに注意が必要なのが、排卵前後です。

 

卵胞がつくられている時期にお腹に圧力がかかるポーズをおこなうと、大切な卵胞が壊れてしまう可能性があります。

 

なので、排卵前後は無理のない範囲でレッスンを受けるようにしましょう。

 

しっかり水分補給

水のペットボトル

 

ホットヨガでは大量の汗が出るため、水分補給はこまめにすることをおすすめします。

 

おすすめは常温の水1リットル以上です。冷たい水だとお腹を冷やしてしまうので常温のほうが良いですし、お茶などのカフェインが入っている飲み物だと利尿作用があるのでミネラルウォーターがおすすめですよ。

 

当サイトで紹介しているホットヨガスタジオでは、体験レッスンのときに水1リットル付きになっています。また、インストラクターさんが水を飲むタイミングを教えてくれるので迷うことはありませんよ。

 

レッスン前後の食事は時間を空けて

食事写真

 

ホットヨガで体力使うので、レッスン前にしっかり食べておこう。そう考えてしまうかもしれませんが、食べる時間は注意が必要ですよ。

食事はレッスン前後2時間空けるのがおすすめ!

レッスン前は空腹状態がベストです。お腹がいっぱいの状態でレッスンを受けると、胃や内臓に負担がかかってしまい気持ち悪くなることがあります。

 

また、レッスン直後は吸収率が高くなっているので2時間程度空けて、脂っこいものやカロリーが高い食べ物は控えましょう。良質なタンパク質や新鮮な野菜などをたっぷり摂れるバランスの良い食事が理想ですね。

妊娠したらホットヨガはやめるべき?

ホットヨガで妊娠しやすい身体づくりをした結果、めでたく妊娠した場合はこのまま続けても大丈夫でしょうか?

 

答えはNOです。妊娠したら、ホットヨガのレッスンはやめたほうが良いです

 

ホットヨガスタジオ最大手LAVA(ラバ)の公式サイトでは、以下のように記載されています。

脱水症状になる可能性やお身体に負担がかかるため、妊娠中はご利用いただけません。

身体が産前の状態と同じように戻る産後6ヶ月から参加することをお勧めしております。
一部店舗にて常温でマタニティ、産後はママヨガクラスを提供しておりますので、下記よりご確認ください。

 

>LAVAのマタニティヨガ・ママヨガはこちら

※引用:https://yoga-lava.com/faq/05/

 

なので、妊娠が分かった時点で通っているホットヨガスタジオの解約(退会)をおすすめします。

 

では、じっさいに解約するにはどうすれば良いのか? 当サイトでおすすめしている3つのホットヨガスタジオでの解約方法を紹介しますね。

 

LAVAの解約方法

LAVAのロゴ

 

LAVAは永久会員制なので、正式にはLAVAの会員を解約するわけではなく「マンスリーメンバーの解約」となります。

 

ちょっとわかりづらいかもしれませんが、会費は自動引き落としなので解約すれば引き落としされることはなくなりますが、1回ずつ支払うドロップインのレッスンは受けられます。

 

まぁ、今後通う機会がなければ同じ意味ではありますが・・・

 

さて、LAVAで解約するには、

  • 登録者本人が
  • 解約希望月の15日(定休日と重なる場合は前日)までに
  • 会員証とマンスリーカードをもって
  • 登録店舗に来店して手続きが必要です。

LAVAのマンスリーメンバーは、2店舗または全店舗通えるのですが、登録した店舗でないと解約ができません。

 

また、本人が行く必要があるのですが、つわりなどで体調が悪くて行けない場合には電話にて相談してみてくださいね。

LAVAコールセンター
0570-004-515
受付時間 平日 9:00〜21:00/土日祝 9:00〜18:00

 

キャンペーン期間中の解約は?

もうひとつ気になるのは、LAVAで時期ごとにおこなっているキャンペーン期間中の解約かと思います。

 

よくあるパターンは、さいしょの3か月はキャンペーン料金で、そのあと5か月の継続が必要といった場合です。

 

この件に関して、LAVAに問い合わせてみたところ、以下の回答が来ました。

現在開催中のキャンペーンでございますが
入会から3ヶ月間、特別月額でお通いいただける内容となりますため
キャンペーン料金の期間終了後、定価月額で5ヶ月間(合計8ヶ月間)
マンスリー契約を必須でお約束いただくご案内となってまいります。

 

そのため、ご妊娠等のご事情により、継続困難になった場合は、
特別月額期間にあたる3ヶ月間の月会費を定価換算し
キャンペーン料金との差額金をお支払いいただくことで
特別に、早期の解約を承っております。
※手続きいただくお日にちにより差額金の金額は異なります。

 

どういうことかというと、仮にキャンペーン料金を月3,000円、定価を月8,000円とします。

 

8か月間の契約となるので、支払いは下記のようになります。

1か月目 2か月目 3か月目 4か月目 5か月目 6か月目 7か月目 8か月目
3,000円 3,000円 3,000円 8,000円 8,000円 8,000円 8,000円 8,000円

 

そこで、契約期間の8か月が終了する前の2か月目や5か月目などで妊娠が分かり解約する場合には、定価とキャンペーン料金の差額×3か月分が必要となります。

 

つまり、上記の場合は8,000円−3,000円=5,000円の3か月分、15,000円が解約料となります。

 

なので、辞める月によってはそのまま通わずに継続したほうが得になる場合もありますので、LAVAのスタッフさんと相談してみてくださいね。

 

いずれにしても料金はかかってしまいますが、目的は妊活なわけだし、不妊治療費を考えたらそれほど高い額ではないかもしれませんね。

 

 

ロイブの解約方法

ロイブのロゴ

 

ロイブの解約は、解約したい月の2か月前の20日(定休日の場合は前日)までに、会員証と身分証明書を店舗に持っていきます。

 

つまり、6月1日で解約したい場合には、4月20日までに手続きが必要となります。

 

尚、キャンペーン期間中の解約は、LAVAと同じように定価との差額を支払う必要があります。

 

 

カルドの解約方法

カルドのロゴ

 

カルドも妊娠したらホットヨガのレッスンに参加できません。

 

通常の解約は毎月9日が締め日で、当月末での解約となります。

 

ただし、妊娠が理由の場合には、カルドのフロントでその旨を伝えて2か月以内に母子手帳を提出すれば、退会日の翌日から日割りで返金対応してもらえます。

 

それと、カルドではキャンペーン期間中の解約でも違約金や割引との差額を支払う必要がなく0円で解約できます

 

妊活に優しい良心的な対応ですね。